親子の服装

そして、洋装の場合には、ワンピースやスーツが一般的です。

その後に、子どもの入園式や卒園式、入学式で着ることができる
フォーマルスーツでOKです。

白色やパステルカラーなどの明るい色のものを選ぶと、
写真を撮る場合に、顔色もよく映りますね。

黒やグレーのスーツを着る場合でも、胸元にコサージュをつけたり、
小物や靴などを明るい色にすると、少し華やかな印象になります。

ただ、アクセサリーは、あまり華やかにしすぎずに、
控えめで上品にまとめるとよいでしょう。
七五三での父親の服装

父親の服装は、スーツが一般的です。

黒やグレーなど落ち着いた色のものがよいでしょう。

神社に参拝するときは、基本的にはスーツがよいと思いますが、
別の日に写真撮影をする場合に、和装を選ぶというのもよいかもしれません。

最近では、写真スタジオで父親の着物のレンタルもできる場合があるので、
家族みんなそろって、着物で写真撮影をするというのも、
記念になってよいのではないでしょうか。
七五三での兄弟・姉妹の服装は?

主役である子どもの兄弟・姉妹の服装はどうすればいいのか、
と悩んでしまいますよね。

兄弟・姉妹が、小学校の入学式で着るフォーマルを着ることができる
年齢であるなら、それで十分です。

ただ、サイズが合わない場合は、男の子なら、
シャツにネクタイを締めるだけでも、それらしく見えますし、
ジャケットと、それに合わせたカジュアルフォーマルな洋服を
着せてあげれば、なお良いでしょう。

女の子の場合には、ブラウスにスカートの組み合わせで、
比較的きちっとした感じのものであれば十分ですが、
ちょっとおしゃれなワンピースを着せてあげれば、
他のときにも着回しできるので便利ですね。
七五三での祖父母の服装は?

祖父母の服装も、両親の服装同様、控えめなものを選びます。

おじいちゃんの場合は、スーツが基本ですが、
ブレザーにスラックスでもよいでしょう。

おばあちゃんの場合は、着物やセミフォーマルな洋装がよいでしょう。
フィトンチッド効果をサプリで体験