いよいよ開幕欧州フットボール

日本では甲子園が話題であり、福岡ソフトバンクは、早くもマジックを点灯させていますが、海外では、欧州フットボールが開幕となっています。
毎年、一番最初に開幕するのは、世界一華やかであるプレミアリーグです。
この華やかな世界を支えているのは、紛れもなく放映権料です。
今年も驚くような価格でイングランド人が、チームを移籍しています。
その代表格が、リバプールからマンチェスター・シティへ移籍したスターリングです。
他にもプレミアリーグの話題は、非常に豊富です。
一時期香川選手もいたマンチェスター・ユナイテッドでは、100億円以上の費用を掛けて選手を補強しています。
特に、注目されるのは、バイエルンから加わったシュバインタイガーです。
皇帝と言われたバラック同様、プレミアリーグでも通用するか非常に楽しみです。
早速、開幕戦から話題を振りまいてくれたtのは、チェルシーのモウリーニョ監督です。

ドクターが、選手を診察するためにピッチへ入ったのですが、10人の選手で戦っている時にチームドクターは、あのような行為をするべきではないと発言しました。
だけれども、その事に同意する人はおらず、物議となっています。