空手を趣味で始める

空手は体を鍛えるだけでなく、心も鍛えられるスポーツです。
左右の手足を使う全身運動であるので、バランスよく体力が
つき、挨拶などの礼儀作法の心を学ぶことによって精神的にも
成長できますね。

また、護身術としても使えるので女性にも人気があります。
空手はすでに始めている人が多いスポーツでもあり、
道場もたくさんあるのでわりと近所で
始められるというよさもあります。
そういった場合にはその地域の方が多いので、
また新たなコミュニティーを作ることもできますね。
人と殴り合うなんて考えられないという人も空手には
実際に体に触れない「寸止め」というスタイルもあるので
自分のスタイルにあった習い方をするようにしましょう。

空手を始めるまえにはまず道場に行ってみましょう。
空手の場合も大抵の道場では見学をすることができるので
その道場の雰囲気や練習の様子を確かめてみましょう。
基本的に必要なものは道着ぐらいでしょう。

道場に払う金額は月額1万円以内で通えます。
基本的に室内スポーツなのでアウトドアな趣味が
好きな方はこちらをご覧ください。

釣りはとてもおもしろいですよ!

夏休み後のメンテナンス

夏休みが終わると体がガチガチになるので、毎年夏休み明けに整体に行っています。
ところが今年は、夏休み明けから予定が立て込み、体をほぐす時間がありませんでした。
夏休み終了から3週間。
もう限界・・・と思った私はいつもお世話になっているサロンへ予約の電話を入れました。
とにかく、首周りが辛い。
テレビをつけたら、たまたまやっていたラジオ体操を一緒にやってみたところ、腕の重さが衝撃的!(笑)これで、体が楽になる!と予約当日の朝、張り切って掃除をすませ、子供達を幼稚園に送り出し、さあ、そろそろ出発!というあたりであれ?腰が痛い・・・。
これから整体に行こうというその時に腰痛なんて、ある意味グットタイミング!なんて思っていましたが、整体師さんの話しによると痛みが出てすぐの施術は難しいとのこと。
なんとまあ・・・。

その後数日痛みが続きましたが、なんとか乗り切りました。
やっぱり夏休みが終わった直後の体のメンテナンスは必須ですね。
先輩ママには、中学生になると楽になるよ~なんて話しを聞きます。
まだ10年近くあるか~・・・体大事にしないと!。

いよいよ開幕欧州フットボール

日本では甲子園が話題であり、福岡ソフトバンクは、早くもマジックを点灯させていますが、海外では、欧州フットボールが開幕となっています。
毎年、一番最初に開幕するのは、世界一華やかであるプレミアリーグです。
この華やかな世界を支えているのは、紛れもなく放映権料です。
今年も驚くような価格でイングランド人が、チームを移籍しています。
その代表格が、リバプールからマンチェスター・シティへ移籍したスターリングです。
他にもプレミアリーグの話題は、非常に豊富です。
一時期香川選手もいたマンチェスター・ユナイテッドでは、100億円以上の費用を掛けて選手を補強しています。
特に、注目されるのは、バイエルンから加わったシュバインタイガーです。
皇帝と言われたバラック同様、プレミアリーグでも通用するか非常に楽しみです。
早速、開幕戦から話題を振りまいてくれたtのは、チェルシーのモウリーニョ監督です。

ドクターが、選手を診察するためにピッチへ入ったのですが、10人の選手で戦っている時にチームドクターは、あのような行為をするべきではないと発言しました。
だけれども、その事に同意する人はおらず、物議となっています。

ブライスドールに夢中なのです

私が子供のころに、リカちゃんが流行っていましたが、リカちゃんはその頃人気がありすぎて、おもちゃ屋には品切れ状態だったのを覚えています。
沢山のおもちゃ屋を母親と探してみましたが、リカちゃんはどこも完売状態で、リカちゃんのお友達のいずみちゃんしか買えませんでした。
そのいずみちゃんで遊んでいましたが、リカちゃんハウスというのも買ってもらってうれしかったのを覚えています。
外にござを敷いて、近所の子供とお人形さんで遊ぶのが好きでした。
でも近所の2歳くらいの子供にリカちゃんハウスの椅子を壊されて、すごく大泣きしたのを覚えています。
親に言いましたが、親は取り合ってくれませんでした。
それから人形で遊ぶことはなくなっていきましたし、まさか大人になって人形に関心を持つと思っていませんでした。
でも、ある芸能人というのをテレビで紹介して、かわいいなと思ってしまったのでした。
今月の初めに、ネットでブライスドールを買いましたが、表情がすごくかわいいのです。
服や靴も買ってしまって、かなりお金を使ってます。

歯周病ケアができる商品が好き

お気に入りの歯ブラシは、色がピンクでグリップが握りやすいものです。
グリップが丁度親指で押して、少ししなるものがいいです。
そういった歯ブラシは、歯に当てるとほどよく曲がり、磨きやすいのです。
又、ブラシのヘッド部分が小さいと、奥に入れやすくなります。
奥歯は非常に磨きやすく、磨き残しが無いのもいいところなのです。
ヘッドが小さいと、奥歯のもっと奥の部分も磨きやすいです。
又、縦にして、歯の裏側もしっかりと磨けます。
女性の口にも使いやすく、とても磨きやすいのです。
もっといいのが、毛先が極細という歯ブラシです。
凄く細いので、歯周ポケットの中も入りやすいのです。
奥にまで入り込み、汚れを掻き出すことができるのです。
歯周病になるのも嫌なので、そういった歯周病ケアのできる商品を探すようになりました。
すると、かなりの数の商品があるのが驚きました。
テレビのコマーシャルでも、そういった商品のCMが流れているのにも気が付きました。
そういった商品は、やはり、かなり歯の汚れが取り除けます。
歯垢もきっちりと取り除くことができるようになりましたから、口臭も減りました。

身内だけの引越しが思ったよりも時間が掛かった

引越しを何度か経験したことがあり、引越し業者に頼んだ引越しや身内だけの引越しの両方したことがあります。
私が以前行った引越しのときは身内だけのパターンでした。
引越し場所が同じ市内にあったため、家族で相談した結果、身内だけで引越しを行うことになりました。
同じ市内なので引越し業者に頼んで行うほどではないかなと思ったのです。
同じ市内なら引越しの時間も長くはないだろうし、半日も経たないうちに終わるだろうと思ったのです。
引越し当日にはトラックをレンタルし、家族で手分けして荷物を荷台に積み込んでいったのです。
小物なら手分けして運べたのですが、大型の家具になってくると、協力して持ち上げないと、荷台に上げることは難しかったです。
荷台に荷物がいっぱいになったら、引越し先に行って荷台から荷物を降ろし、また戻って荷物を積み込んでということを繰り返しました。
荷物を運ぶ時間は大してかからなかったのですが、荷物の積み込みと積み下ろしには時間が掛かりました。
私の推測では半日程度に終わるはずだったのですが、荷物の積み込みと積み下ろしに時間がかかったため、結局一日程度の時間が掛かってしまいました。
同じ市内でこれだけの時間が掛かるのですから、他の市内だったと思うとゾッとします。

お金のことを考えても入らない

お金のことをずっと考えていますが、思うように入ってこず悩みの種になっています。
ただ考えているだけでは入ってこないわけですが、考えているだけで入ってきたらどんなに簡単な方法かと思います。
お金を稼ぐコツって何かな、いろいろ読んでみるわけですが、結局のところそれを読んだからといってお金が入ってくるわけではありません。
逆に生活費がかかりまくって出て行くほうが多く、一向に収入が上がりません。
おそらくはガセネタの集合体かなと思っています。
お金を稼ぐためにどうすれば、どうすればお金が入ってくるのか、というのをどんなページを読んでも何にも変わらないうえ、時間を浪費して今日一日のお金が消えましたとなります。
食費とか家賃を考えれば出て行く一方で、将来の貯金もくそもありません。
年金もくそもない、家を買うどころではない、寄生虫として家に巣を作って生きていくだけです。
収入がなければ、ぼろぼろのアパートに住み暮らして身も心も貧しくなっていくから、お金は大事です。
一方でテレビを付けたら、哀川翔のようなおっさんが豪邸に住んで、広々としたデザインハウスで過ごしています。
べつに何も魅力を感じないし、その辺に歩いているちょっと粋がったおっさんと変わりないけれど、貧富の差とはこういうことです。
借金 減額

猫舌

我が家の息子は極度の猫舌です。
まだ小学生なので、熱いものは苦手なのは分かりますが、ちょっと度が過ぎます。
ラーメンは完全に冷めないと食べません。
ちょっとでも湯気が上がっていると文句を言います。
飲み物は基本的に冷たいもの。
急須から入れるお茶や、温かい牛乳はいくら冷ましても飲もうとしません。
かといって、冷蔵庫で保存してあった残り物をそのまま出すと、今度は「冷たくて美味しくない」と文句を言います。
そういう食べ物は、レンジで温めるのですが、この温め具合が問題で、ちょっとでも熱くなると、今度はまた「熱い!」と言って食べません。
なぜこんな風に育ったのか、親の私も首をひねるばかりです。
まぁあまり冷たいものや熱いものを食べると、食道がんになりかねませんので、それはいいんですが、ここまで神経質になられると困るなと思います。
給食は熱くないの?と訊くと、「給食センターから持ってくる間にちょうどいい具合に冷めてるから大丈夫」なんだそうです。
一体それはどれくらいの熱さなんでしょう。
ちなみに幼稚園時代の給食は私も試食しましたが、とてもぬるかったです。
まぁでもこんな極端な猫舌も今のうちだけでしょう。
大人になれば多少は…と思っているんですが、果たして。

私の『生活習慣病とジョギング』に関する日記

完全に大したことない私事のお話なのですが、ここ最近の猛暑の中で私はジョギングを始めました。
何故かと言いますと、やはり主婦をしていますと運動不足になりがちです。

ただ当然ながら、自宅内では洗濯物、掃除機、家族のお布団数枚を汗だくになりながら干したり、外へ毎日牛乳や子ども達のアイスなどが入ったやや重い買い物袋を持って歩いたりもしていますので若干であれば、動くと言えば動いているのかもしれませんが、それでも他の人が仕事へ出勤する際に通勤電車にしばらく立ったまま我慢して乗ったり、子どものように小学校へ決まった時間に通学して規則正しく運動をしていたり、自然な動きによる、運動に近い状態とも言える行動は私には大してありません。

と言いますか、言い方を変えるのであれば、例え動き回っていたとしても、自宅内にいると全て自分の中で時間を決めて行動していますので、ついつい間食などをしてしまったり、時間に余裕があるとゴロゴロお昼寝をしてしまったり、既成事実として、結果的に消費カロリーが少ないですので、そこまで動いていないのと同等と言うことなのです。
と言うことで、この生活習慣病を打破したくジョギングをすることを決意したのです。
冒頭でも言いましたが本当に私事のお話です。(笑)

とにもかくにも水分補給はしっかりして無理しない程度に今後もジョギングをして、美容、健康、ダイエットを頑張りたいと思います!以上、私の『生活習慣病とジョギング』に関する日記でした。